コロナウィルスがパンデミックに!中国生まれの武漢熱に世界中が大パニック

とうとう「武漢ウイルス」がパンデミックとなり、日本でも「非常事態宣言」が出ました。

全世界は危険シグナル点滅です。

しかし、世界はとんでもないことになりましたね。阪神大震災、東日本大震災や台風もそうですが、僕が生きているうちに日本をも巻き込むパンデミックが発生するなんて夢にも思っていませんでした。

戦後最大の危機です。コロナウィルスによって世界秩序が変わり、これからはコロナ後、コロナ前と区別されるんじゃないでしょうか。

コロナウィスルが中国や東アジアで猛威を振るってた時、アメリカやヨーロッパの人たちは武漢ウィルスを「対岸の火事」だと思っていたことでしょう。

日本人のマスク姿を嘲笑するメディアもありました。

ところがどっこい、欧米は国境や街を封鎖するところまでいきました。

とりわけスペイン、イタリアの感染拡大がヤバいです。イタリアでは死者数が中国本土を上回り、街を次々と封鎖して感染拡大を防ごうと必死です。

アメリカおよびヨーロッパ各国でも感染が急拡大しています。アメリカはニューヨークが激ヤバです。

欧米人だって最初からマスクをしていれば、今の惨状を防げてたかもしれません。

ウィルスに対する日本政府の無能無策

しかし日本も安心してはいられません。東京オリンピックは延期となりました。日本国内の都市封鎖は絵空事ではありません。非常事態宣言が出てもうレッドゾーンに入っています。

早く都市封鎖して金銭面の保証しなきゃダメです。フランスは「休業補償」や「給料面の約80%」が担保されます。

日本政府は「自粛要請するなら補償せいや!」です。責任を取らない自粛なんてふざけてます。とくに個人店はみんな生活があるんです。飲食店はすでに死に体です。今は持ち帰りや宅配をしてギリギリで生きています。

さしずめ賑わっているのはスーパーやドラッグストアあたりです。あと宅配ピザですね。宅配ピザは求人募集を増やしているそうです。そこへ武漢ウィルスで収入が減った人達の面接が増えています。

チャイナウィルスは行き過ぎたグローバリズムへの警告か?

これまで世界は数十年に渡って「グローバリズム」を急速に推進してきました。我々は地球人だと言わんばかりに「ヒト・モノ・カネ」が自由に国境を越えていきました。

その結果、超大金持ちになる人と年収150万以下で暮らしている人との、貧富の差は広がったといわれています。
世界はひとつになるという幻想に踊らされました。

ヨーロッパの主要国はユーロを欧州統一通貨として同盟を結び、事実上の国境をなくしました。アメリカに対抗するEUという巨大経済圏を作りましたが、イギリス国民は「ブレグジットは大正解」だったと思っているんじゃないでしょうか。

グルーバル化が産業の空洞化を促進

グローバル企業群は安いコストで利益を上げたいばかりに、物価や人件費が安い発展途上国に工場を移して経費削減を行いました。

日本では1985年のプラザ合意を受けて急速な円高が進行したことにより、企業の海外移転に拍車をかけ国内では産業の空洞化が始まりました。

国内では「非正規雇用」を増やして人件費を利益の調整弁にしました。ヨーロッパでは移民を大量に受け入れ自国民の雇用を奪いました。

伝染病まで世界に運ぶグローバリズムはろくでもないシステムです。貧富の差は広がる一方でデフレの解消にもなりません。

中国発新型コロナウィルス

今回の武漢ウィルスは中国の春節にともない世界に拡大していきました。中国が春節の前に渡航規制をしていれば、世界パンデミックになることはなかったのです。

ウィルスのおかげで香港のデモなんてニュースにもならなくなりました。ウィルスの蔓延を狙ってやったんだろうと疑いたくもなります。

なんせあの国は自国民が死のうがなんとも思わない国ですから。

マスク不足のニッポン

日本では鳩山元総理が中国に100万枚のマスクを贈りました。自民党の二階幹事長も100万枚のマスクを中国に贈り、十万枚を返却されて「お礼に行かないと」と語りました。

この「売国奴2人」にはもう怒る気力もなくしますね。

日本国内の医療機関や国民がマスク不足で困っています。日本国民は朝の4時ぐらいからドラッグストアに並んでいるんです。そして、朝から並んでも買えない場合もあるんですよ。

そんな自国民が困っている時、中国に200万枚もあげたわけです。これを売国奴以外になんと言いましょう。

大分市や水戸市などの自治体もマスクを寄付しています。

武漢肺炎は中国が人工的に作ったのかもしれないんですよ。それを知ってかロシアなんて1月の時点で中国との国境を封鎖しています。だからロシアは武漢熱の被害が少ないんです。

コロナ恐慌の危険

このチャイナウィルスによって世界経済は奈落の底です。

世界の株価は大暴落です。僕も50万円ぐらいの含み損を抱えることになりました。

人が集まるコンサートやイベント等は自粛で街には人が少なく、観光地や飲食店は人がガラガラです。僕が好きなロックバンドも4月予定だったライブの中止が決まりました。

グローバリズムの終わり

世界経済はヤバい状況です。この影響はグローバル企業も無事ではいられないでしょう。

ウィルスが国境を封鎖させグローバリズムの終焉を示唆しているようです。

そして、くしくも習近平の国賓待遇での来日が延期となりました。っていうか国賓待遇自体を中止せんかいって話です!

コロナ恐慌を乗り切ろう

とりあえずは「コロナ恐慌」だけは避けなくちゃなりません。僕の勤務先も会社が半年持つかどうかの瀬戸際です。ガチでやばいんです。次にどうやって生き抜こうか模索中です。

政府はしっかりとしていただきたいです。恐慌は自殺者がすごい数にのぼります。コロナウィルスよりコロナ関連死ほうが多いなんてなりますよ。

あなたはコロナ恐慌でも絶対に「自殺」だけはやめてくださいね。最終的には自己破産すればいいことです。天才社長や優秀な社員でも伝染病を相手には勝てません。

甘んじて自己破産しましょう。

コメントは受け付けていません。