現役極道ユーチューバー敵刺氏が小山圭吾氏からのディスり動画へ笑いで回答した件

ご苦労様です!

現役ヤクザ「敵刺(テキサス)」氏が虚言&妄想で有名なユーチューバー「小山圭吾」氏の、激怒しているキレ芸動画を軽く笑いでいなしました。

しかもご自分の動画内で小山氏のディスり動画をチェックしながらのおもしろ回答でした。

普通は自分がディスられてる動画を自分の動画内で流しながらアンサーしますか?なんか余裕がありますね。

器量が違います。敵刺さんはメンタルが強くて優しいですね。

面子を潰された極道は懲役を恐れない

小山圭吾氏、内藤裕氏、セクハラなんちゃらは、あんまり現役ヤクザを舐めないほうがいいですよ。

部屋住みもしたことがない素人どもが生意気なこと言いやがってっという流れになります。面子が大事な極道の世界は甘くないですよ。暴対法があるからってなめたらアカンです。

YouTubeや掲示板、SNSだけで極道をディスするのはしょうがないです。でもYouTubeの画面で顔をさらして文句を言うんです。顔がわかれば住まいも調べればわかります。

ひと昔前でいえば古くは「鶴田浩二襲撃事件」に始まり、ちょい昔では「伊丹十三監督襲撃事件」伊丹氏が包帯だらけで会見したのを覚えています。

またフリージャーナリストで暴力団関係の著作も多い「溝口敦」が襲撃されました。で、ダメ押しで溝口氏の息子すらも襲撃しています。

現役をバカにするってことは「日本の極道全体をバカにしたっ!と理解するイケイケ組織っていうのが出てきますよ。

実際に敵刺氏に刺激を受けている現役ヤクザが全国にいます。いずれ敵刺氏と外兄弟になりたい極道が出てきます。そういう極道は敵刺氏の応援に回りますよ。

敵刺氏やランボ氏や組織全体をディスったユーチューバーは、敵刺氏いわく「震えて眠れ・・・。」ってことです。

もう後悔してもおそいですよ。

ヤクザの懲役は修行の一環

本職ヤクザは怖いです。極道の方々は懲役をおそれません。懲役は修行だと思っています。だから怖いのです。

ぼくは留置所にすら入るのも嫌です。留置所の担当が作る朝のおにぎりとみそ汁は食べたくありません。

ましてや軽い潔癖症のボクは刑務所なんて絶対行きたくないです。とくに大部屋は絶対イやです。僕は独房のほうがいいです。だから事件は起こしたくないです。

まあYouTubeといったって「某大型掲示板」や「SNS」などの誹謗中傷コメントと変わらないわけです。それが顔出しの動画というだけです。

今後も敵刺氏をディスる輩が大勢出てきます。それをいちいちまともに相手にできないですよね。

そういうのを気にしてたらYouTubeやSNSはやってられません。

インターネット上での「メンヘラ」や「アンチ」とのやり取りは軽くいなすか無視が正解です。

しかし、これがカタギにも平気で手榴弾を投げる九州最凶の工〇会ってありますよね。もしここの組織の方をディスっていたらどうなってたんでしょう。テレパシーでなんとかなるんでしょうかね。

元関東連合幹部「工藤明男」こと「柴田大輔氏」に病気だと散々バカにされてる小山圭吾氏

関東連合の元幹部で筆名「工藤明男」こと「柴田大輔氏」が、敵刺氏への小山圭吾氏からアンサー動画についてツイートしています。工藤明男氏も小山氏には迷惑をかけられているようです。

小山圭吾氏は元怒羅権初代総長だった佐々木氏に、ぼくは関東連合の総長だったとうそぶいていました。

他の組織もディスる小山圭吾氏

小山氏は弘道会のこともいろいろ変なことを言っていますし、稲川会の幹部の方を呼び捨てにしています。その幹部の方の下の方は変な男が動画で呼び捨てにされたら腹立ちますよね。

そもそも敵刺氏は小山氏や所沢のタイソンに対して、そんな大した文句は言ってないですからね。面白くいじって突っ込みを入れてただけです。

でも小山氏は痛いところを突かれて開き直って、炎上目的もあって意を決して反論動画をアップしたんでしょう。

両人とも外堀を埋められ話の辻褄が合わなくなり、ウソをウソで塗り固めてボロが出過ぎています。で、一生懸命体面をつくろおうとするさまがまるでコントのようです。

所沢のタイソン氏なんて途中からは、なんかお笑い芸人に見えてきましたもん。

とにかく敵刺氏は小山圭吾氏の挑発に乗らなくて正解でした。

自己愛性パーソナリティ障害(NPD)

話は変わりますが、精神的な病気の中に「自己愛性パーソナリティ障害(NPD)」があります。 自己愛性パーソナリティ障害の症状として、自分を優秀な人間だと思い込み、自分の能力を過大評価してしまいます。

そして自分がやってきた業務や経歴を誇張して話を盛ります。おまけに他の人の能力を過小評価します。

また自分自身の目的のためには他人を利用します。さらには他人相手に嫉妬することがあり、時には相手が自分に嫉妬していると思い込むケースもあります。

自己愛性パーソナリティ障害はやっかいな病気ですね。

ぼくの会社にもいますよ。しかも上司で自己愛性パーソナリティ障害の軽症を負ったひとです。やたら自分を過大評価して30年ぐらい前の業績を誇らしげに語ります。

で、パソコンでエクセルやワードも使えません。メールすらめったに使いません。実務作業が何にもできないのです。能力が高い俺は得意の分野で頑張ってるから、PCがまともに使えなくても俺はいいんだという考えです。でもその得意分野でなにも業績を上げていません。会社のお荷物状態です。

このような人は人としてまともに相手しないのが一番です。

以上ですが、小山氏は少し自己愛性パーソナリティ障害を患っている感じです。そして息を吐くようにウソをつきます。虚言癖もあり小山氏はレベルが違います。

コメントは受け付けていません。