終戦記念日(敗戦記念日)に右翼団体も護国神社で参拝していました

靖国神社 終戦記念日

令和3年の終戦の日がきました。8月15日の午前中の護国神社には、例年通り多数の右翼団体も来てました。街宣活動はせずに静かに参拝してました。

ぼくの地元の護国神社には御英霊約10万柱を、護國の大神としてお祀り上げています。

靖国神社に参拝しない国会議員

「靖国神社」か地元の「護国神社」にいかない国会議員がいるのですから、そんな「売国国会議員連中」より「右翼団体」の方たちを尊敬しますよ。

靖国神社では「反天連」や「ド左翼」の反日連中がうるさく街宣をしてます。終戦の日だからこそ厳かにしろや!ってことです。日本人に迷惑な奴らですわ。右翼団体の方々も厳かにしているのに・・・。

英霊の皆様にホント申し訳ないです。微力ながらまともな日本人が増えるように、ブログやSNSで声を上げていきます。

菅政政権の閣僚が参拝

東京九段下の靖国神社には菅政権の閣僚から3人が参拝しました。

参拝に訪れたのは小泉環境大臣、萩生田文科大臣、井上科学技術担当大臣です。

まさか小泉環境大臣が参拝するとは思わなかったです。

ということで、保守層に支持されている安倍政権の時よりは随分マシでした。去年、一昨年との安倍政権閣僚の参拝はゼロでした。

以上、なんにしても閣僚が3人も参拝したのですから、多少なりとも英霊のお皆様に感謝できたことはよかったです。

コメントは受け付けていません。