愛知トリエンナーレは反日売国プロパカンダイベントという事実

日本国内に慰安婦像が置いてあったなんて、心の底から気持ち悪いです。

さらには昭和天皇の肖像を燃やすような動画を流したのです。

マジで許しがたいです。

反日に満ちた愛知トリエンナーレ2019

「トリエンナーレ愛知2019」こんなイベントは芸術でもなんでもありません。ただの反日プロパガンダです。大村知事はそれの片棒を担ぐなよって話ですよ。

大村知事は得意顔で「憲法21条」を知らんのかとのたまわってました。この件に表現の自由とか関係ないです。だって反日工作活動の一環なんですから。

反日軍団側も「表現の自由」や「検閲」だと叫んでいるそうですが、検閲なんかしてたら慰安婦像なんか置かせるわけないでしょう。

検閲してなかったから少女像が置けたわけです。

大村知事は責任をとって辞職せよ

こんな問題が起こったのだから大村知事あたりは辞職しなきゃいかんでしょう。他にも誰か責任とらんといけませんよね。

元々トリエンナーレという催しには違和感しかありませんでした。変なパフォーマンスをしてた人の映像をTVで見たことがあります。薄気味悪かったです。

愛知県と名古屋市も金を出している愛知県トリエンナーレ

名古屋の河村市長をこう述べています。

 

安婦像展示者へ謝罪要求 名古屋市長「やめれば済む問題でない」

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、中止を求めていた実行委員会会長代行の名古屋市の河村たかし市長は3日、「やめれば済む問題ではない」と述べ、展示を決めた関係者に謝罪を求めた。市内で記者団の取材に応じた。

河村氏は、芸術祭が名古屋市も経費を負担し文化庁も関与する公的な催しだと指摘。元慰安婦を象徴する少女像の展示は「『数十万人も強制的に収容した』という韓国側の主張を認めたことになる。日本の主張とは明らかに違う」と話した。

 

引用元:産経新聞

河村市長のいう通りです。

反日プロパガンダに金まで出して公的な機関が関係しているのはどういうこっちゃです。

日本の敵は国内にもいっぱいいます。ホントに日本は内部が腐っているので、こういう反日集団を根こそぎ退治したいです。

税金を使って日本を貶めるようなイベントを3年に1回も開いてたのです。

しかも「表現の不自由展」なんて出品者は「朝鮮人」ばっかですよ。日本のイベントなのに・・・。

こんなイベントに公金を使ってわけです。なんとか罪に問えないんしょうかね。

反日活動に加担した大村知事

今回は明らかな反日工作活動に使われたのだから、もう次回からトリエンナーレ愛知は中止でいいです。

愛知県の皆さん!これは知事が税金を使って外国のプロパカンダに手を貸しているようなもんです。

次の愛知県の知事選ではあの「ウナギイヌ」は絶対落選させてください。

良識ある愛知県民の皆様、お頼み申します。

コメントは受け付けていません。