現役極道【関東住吉会系】のYouTuber!本物ヤクザ「敵刺(テキサス)氏の生涯現役チャンネル」が超絶面白い件

凄い時代になってきました。

現役の極道がまさかの「YuotTubeデビュー」です。

現役バリバリ!住吉会系の「敵刺(テキサス)」氏が顔出しでYouTubeデビューしました。そしてチャンネル開設からわずか2週間ぐらいで登録数が1万7千件を超えた模様です。

かなりのハイペースで登録者数が増えていってます。有名芸能人にも負けていないです。

コロナ過のYouTubeに彗星の如く現れた敵刺氏、その出で立ちはパンチパーマに派手なシャツ、それに手首まで入れ墨が入っています。ガチの現役極道です。元ではありません。バッチバチの現役です。

YouTubeでも所作がちゃんとしております。毎回、ご苦労様です!っと両腕をついて挨拶します。うわぁ!現役感あるわぁっと思ってみています。

ただ、なにが凄いって現役が顔出しでユーチューブに出るのを、止めなかった住吉会系の上席の方々の度量がすごいです。今の時代は「動画やSNSを利用してもいいんじゃないか」ってことなのでしょうかね。

若者の渡世入りが増えるかも

渡世では盃を交わして親と子、あと義兄弟という家族の血より濃いファミリーができます。

ボクはスッカリ敵刺氏のファンになりましたが、これからはファンを越えて渡世入りする若者が増えるかもしれません。

ヤクザはしきたりや上下関係が面倒くさいという理由があり、ヤクザになりたがらない若者が多いと聞きます。

昨今、極道業界は少子化の影響と厳しい法律のせいでヤクザのなり手が減り、高齢化が進んでいるとも言われています。でも敵刺氏のような30代後半の若い人材がいるんですね。

いくら「暴対法」が厳しくてもワルのヒエラルキーの頂点はヤクザなんです。やっぱ現役だぜっ!て思う若い者がでてきてもおかしくありません。

それをあの新宿歌舞伎町のスカウト狩りが証明しましたからね。あの時は「スカウト会社」とは関係ないホストまで被害にあったそうです。このニュースを聞いた時は歌舞伎町怖っ!ておもいました。

アウトローユーチューバーのウソを暴く

敵刺氏がチャンネルを開設した理由は、ウソみたいな武勇伝を語るアウトロー系YouTuber達喝をいれていくそうです。

たしかにケンカ自慢とか昔の武勇伝ネタしかないユーチューバーは大勢います。でもそんなのは1ミリも面白くないです。

敵刺氏のおかげで面白くもないユーチューバーが一掃されるかもしれません。

ただし、相手はあくまでも「カタギ衆」ということですので、敵意むき出しにしてガンガン攻めることはないそうです。

所沢のタイソン氏も俺は「ケンカ3000戦無敗」だとは「明言」したことはないと発言しています。でも明確に「否定」もしなかったわけです。編集者に「3000戦無敗は間違いです」と言えば済む話です。だからアウトですけどね。

どちらにしても3000人と1日1回ケンカしたとしても約8年かかります。

ガチの極道「敵刺(テキサス)氏」Youtube初投稿動画

しっかし、YouTube見てこんなに笑ったのは初めてです。

普通のお笑い芸人よりは間違いなく面白いです。

敵刺さんの間の取り方とか独特のワードセンスを織り交ぜたトークはホント面白いです。頭の回転も速いんだと思います。

何も言えないこんな世の中じゃ「ポイズンだろ?」で爆笑しました。撮影してる方々も面白いです。敵刺さんを上手くいじったり、フォローしたり凄くいいチームだなと思います。

懲役太郎氏へのコメントも「懲役行ったなぁつって」て話しただけでも笑いました。

お笑い芸人よりトークが面白い

あの東京っぽい話し方とテンポよくこ気味いい会話運びがおもろすぎます。人の「おちょくり方」も心得ています。

あとは声もいいですね。ちょっとかすれた感じの声色が面白さを倍増させてます。これで透き通った声なら笑えないと思いますもん。

掛け合いとかでもこの「トーク力」で実力を発揮してそうです。

もう反社所属とか関係ないです。面白いもんは面白いのです。

敵刺(テキサス)氏の所属組織

住吉会系「幸平一家武蔵野連合」

現在は住吉会系「三代目村田会」に移籍しているそうです。

イケイケの「幸平一家」から移籍したようです。出典は宅健太郎氏の動画です。

以上!住吉会系村田会の現役極道ユーチューバー「敵刺(テキサス)」氏の紹介でした

コメントは受け付けていません。