【ウクライナ情勢】ロシアがウクライナの民間人を殺してまで侵攻した理由はなぜ?

主権国家であるウクライナへの侵攻はロシアによる深刻で重大な侵略行為です。

明らかな戦争犯罪です。

なぜロシアは武力による現状変更を行ったか?

国際法違反をしてまでウクライナを攻めたロシア

ロシア側は民間人を虐殺してまでウクライナを侵略した狙いは?

ロシアにはロシアの言い分があります。

100%ロシアに非があるかといえばそうではありません。

ここで民間人を攻撃したからってナイーブになると、今回の戦争の本質を見失います。

アメリカだってありもしない大量化学兵器を大義名分にイラクを攻めました。

ロシアからするとウクライナがNATOに加盟すれば西側との緩衝地帯がなくなります。

アメリカとNATOの脅威を感じたプーチンは、ウクライナを攻めてロシア側に取り込もうとしたわけです。

ロシアの安全保障上の地政学的脅威から考えて戦争に至りました。

かといって、民間人を虐殺するプーチンは絶対許されません。

圧倒的な兵力を備えた大国ロシアが核を使うかもと明言し、軍事費がロシアの10分の一しかない小国ウクライナの民間人を殺しています。

ウクライナがミンスク合意の約束やぶり

ミンスク合意とは、2014年にウクライナ東部地域で勃発した紛争をめぐる停戦合意のことです。

紛争はロシアがウクライナ南部のクリミア半島を併合し、その後親ロシア派武装勢力がウクライナ東部の一部地域を占拠して始まりました。

そこで誕生したのが親ロシア派組織が支配する「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」です。

ウクライナ側はこのミンスク合意を守らず、ドネツクやルガンスクの人々を虐殺した事実があります。

ロシア大使のインタビュー

ウクライナの失策

元々ウクライナは世界第三位の核保有国でした。

その大事な大事な大事な核兵器を放棄しました。

ぼくは不思議でなりません。

なぜにウクライナは核を放棄したのか?核爆弾を保持していれば今回の戦争は起こっていませんよ。

核を放棄した当時のウクライナの首脳陣は平和ボケどころの騒ぎじゃなくて、日本よりも国防においてはダメダメです。

ロシアとは兄弟国みたいなもんだから、核を放棄したのでロシアとは敵対してないですよ。

と、アピールしたかったのでしょうか。

でもその考えは甘々です。

ロシアからすればあの「ウクライナのバカどもは核を手放しよったぞ!ガハハハッ!」ですよ。

これでいつでも攻めれるなと考えてたはずです。

日本もウクライナみたになる前に核武装をするべきです。

核武装しなけりゃ札幌の時計台が戦車の砲撃でぶち壊されて沖縄では首里城が爆撃されます。

東京ではタワーマンションがロケット攻撃を受ける可能性があります。

この平和な日本がどの国から攻撃を受けるって?それはウクライナの国民もそう思ってました。

日本の場合はロシアや中国か北朝鮮および韓国からです。日本の隣国は敵だらけだということを忘れてはいけません。

国防のために最低でも一戸建てには必ず核シェルターを作らせて、マンションならマンション用のシェルターが必要です。

コメントは受け付けていません。